「マリア・ローザ」は、このピンク色のジャージのことよ。 

正直、外国人選手の顔が、皆同じに見えるこにょりです。

←これが「マリア・ローザ」ね。ペタッキが着ている「ピンク色」のジャージのことなの。(第2ステージの画像)


ダニーロ・ディルーカをこよなく愛する旦那の影響で「自転車ロードレース」にどっぷりとハマっている私と同じキモチのママも多い(?)と思うんだけど、ロードレースを観始めた頃は、解説で出てくる「横文字」の意味がさ~っぱりわからないのよね。

なので、私のようなママも夜な夜なレースを楽しめるように


「旦那だけ楽しませないわよ!」


的な、ジロ・デ・イタリア横文字解説を少々。。(Jスポーツで今夜も生中継よ!)


普通の民家の前も通るの。のどかな風景の後には山岳が! 
このピンク色のジャージ「マリア・ローザ」は総合成績1位の選手に与えられるの。各ステージの所要時間を加算して、合計所要時間が最も少ない選手が「マリア・ローザ」着用の権利を得ることができるのね。

で、最終ステージの終了時点で「マリア・ローザ」着用の権利をもっている選手がジロ・デ・イタリアの総合優勝者になるの。


ちなみに色の由来はレース主催者だったガゼッタ・デッロ・スポルト(イタリアで最も権威がある、発行部数最大のスポーツ紙)の紙面がピンクだったからなのね。現在のジャージのスポンサーは製菓メーカー「フェレロ」の果汁入り紅茶飲料「エスタテ」だそうよ。

各ステージごとに、誰がこの「マリア・ローザ」を着るかわからないのがレース観戦の楽しさでもあるのね。また、ストイックな生活制限がある選手達の…


「子持ちししゃも!」


のように、セクシーなふくらはぎをじっくり鑑賞するのもアリかもね!